【長野滞在記No.2】俺、何やってるんだろう。

9/9

 

結局、昨日寝たのは朝の5時だった。
我々は10:30に目覚ましをセットし、明日の予定を本格的に立て、眠りについたのだ。
私は床で寝たので、体が痛くて仕方なかったが、カーペット1枚敷いてあることがせめてもの救いだった。
いきなり押しかけた身分なので文句も言うまい。
だが、想像以上に床で寝ることは慣れず、普段眠りが深い私だが寝返りを打つ度に目が覚めた。


ジリリリリリリリリリリ
と目覚ましがなった瞬間、タイムアタックでもしているかの如く速攻でスマホを開き目覚ましを止めた。
こんなに一瞬で起きられるのも、眠りが浅かったからだ。

熱いシャワーを浴び、歯を磨き、外に出る準備を整えた。
今日は何をするか。
まずは朝飯。近くのコンビニで納豆巻きとサラダチキンを買って食べた。
次に我々が向かったのは、TSUTAYAだ。
なぜTSUTAYAかというと、今夜映画鑑賞会withフルーチェをやるためだ。

私は、ズートピアを、S君は映画ドラえもんをチョイスし、ジャンケンの勝者の映画を借りることにした。
勝者は当然私だ。なぜ「当然」なのかというと、S君には敗者がお似合いだからだ。
さらに我々はTSUTAYAでとんでもないことを思いついてしまった。

AVを借りてそれをBGMにしようという悪魔的発想だ。

何を言っているかわからないと思うが、今考えると私も意味が分からない。

とにもかくにも、我々は18禁コーナーに入り、S君が30分かけて選んだAVを借りた。

S君がレジに持って行ったのだが、彼の勇姿とその後ろ姿の情けなさはきっと忘れることはないだろう。
我々はS君宅に戻り、少し休憩したあと本日のメインイベントへ向かった。
本日のメインイベント、それは


善光寺だ。

長野駅からバスで行った。到着はあっという間で、我々以外にも多くの人が善行寺で降りた。

【突然の観光地あるある】道路がタイル

私は初めて来る善光寺にそこそこテンションが上がり、写真を撮りまくっていたが、

S君は善光寺に来るのが三回目らしく、腹痛と風邪もあってか、あまりテンションが高くなかった。

彼が体調不良だろうと知ったこっちゃない私は、「おい!写真撮っていこうぜ!!思い出だろうが!!!!」と叱咤激励の言葉をおくる場面もあった。

f:id:kaigokanofnobita:20180910042449j:plain

善光寺を見た感想は、でけえ、と、意外と人多い、だ。以上。まあ、こういうのは言葉で語れる良さというか、雰囲気が好きなだけなので言語化は難しい。

人がたくさんいるでかい寺って行きたくなるよね、ってだけだ。

 

水を手にかけるアレやらお参りやらを終え、飯を食うことにした。

時間は15時だ。

我々は近くの蕎麦屋に入った。

注文したのはてんぷらそば。

【突然の観光地あるある】おばあちゃんがやってるお土産屋さんに人がいないと悲しい気持ちになる

 

強い麺のコシにサッパリとした味わい。

そしてアツアツの海老天。たまらなく美味しかった。

 

f:id:kaigokanofnobita:20180910041216j:plain

 

 

腹いっぱいになったのでお土産を買って帰った。

さよなら善光寺

 

S君は17時から23時までバイトがあったので、6時間1人で時間を潰さなければならなくなった。

私はやることもないので、朝借りたAVをPS4にセットし、それをBGMにケンダイアシュラをもくもくと描いた。

 

集中力が切れてきたころにふと思った。

 

俺、長野来て何やってんだろう。

 

一度そう思ってしまうと、やるせない寂寥感がこみ上げた。

これ、はるばる人の家来てやる事か…?

 

とは言っても、S君が帰ってくるまでやることは無い。

私はAVを付けっぱなしにしたままで眠りについた。

 

目が覚めると、まだ画面の中の男女はよろしくやってた。

私はため息混じりの息を吐き、AVを40分ほど鑑賞してからディスクを抜いた。

S君の録画履歴を見るとスターウォーズがあったので、流し見しながらブログを少し書いた。

S君が帰ってきた。

彼はバイト先でまかないを食べてきたらしく、夜ご飯はもう要らないらしいので、私はドン・キホーテで買ったカップ麺を食べることにした。

S君はAVを見たいというので、私はそれを見ながらカップ麺をすすった。

もはやそのDVDは私にとって三週目であり、私はなんの感情もなくもくもくとラーメンを食べた。

【突然の観光地あるある】もはや中国人ばっかり

 

ラーメンを食べ終わった後はお楽しみの映画鑑賞会だ。私はAVから『ズートピア』にディスクを差し替えた。

ズートピア』はまだ見たことがないうえに面白いと聞いたことがあるのでとても楽しみだった。我々はイチゴ味のフルーチェを二等分し、映画に没頭した。

感想を結論から言うと、もんのすごい良かった。

良すぎたので、それはそれで感想を今度書きたい。と思うほどよかった。

 

ズートピアの素晴らしい余韻冷めやらぬ中、AV鑑賞に戻った。これが終わったのは午前4時だ。

 

まあ、そんな感じで生活リズムが微妙に狂いながら過ごしている日々です。

あと気付いたんだけど、時間の隙間を見つけてこの文章を書くの無理あるわ。

昨日の記事、画像貼るの忘れてたり文章変だったりしてたし。

大目に見て。